フェイスアップ 治療の種類

美容コラム

近年では、価格もリーズナブルなものとなり、美容外科でのリフトアップ施術を気軽に受けられるようになりました。美容外科のリフトアップ施術には、効果が半永久的に続くものもありますが、時間が経過すれば効果が徐々に薄れていくものもあります。効果を長く持続させるためにも自分なりのケアも念入りに行う人が多いです。セルフケアのための、リフトアップを目的とした化粧品も多く販売されています。テクスチャーや成分などはメーカーや商品によって様々ですが、何よりも「自分に合った化粧品を選ぶ」ということが大切です。しわは、乾燥をしている肌にできやすいとされているため、しわによるたるみが気になる人は保湿・保水力に優れたものを選びましょう。また、朝に使う場合は、さっぱりとすぐに肌に染み込み、メイクのステップに進みやすいものが良いでしょう。逆に、夜にじっくりケアをしたいという人はクリームタイプのものがオススメです。クリームタイプは、肌に浸透をするまでに少し時間がかかるため、マッサージをしながらじっくりと肌をケアできます。目元のたるみなど、部分的なたるみが気になる人は部分的に美容液を使用してもよいでしょう。目元など皮膚が薄い場所は、たるみやすいので入念なケアが必要です。