施術箇所別で見るフェイスアップ

輪郭におすすめの施術

おすすめ 頬のたるみ・しわを改善 頬・頚部リフト

おすすめ 頬のたるみ・しわを改善 頬・頚部リフト

頬や頚部のたるみを解消するために、周辺の皮膚や筋膜を引き上げる施術、それが頬・頚部リフトアップです。頬や顎には脂肪がつきやすく、この部位に脂肪がつくと顔の輪郭にはっきりとした影響がでます。パーツではなくアウトラインを作る部位なので、特に頬と顎のケアは重要で、フェイスアップの施術希望が多い部位でもあります。頬・頚部リフトアップでは、切開を耳または側頭部から行います。切開した部位から各部位のたるみを物理的に引き上げる施術を行うのです。

  • メリット

    皮膚や筋膜を直接的に引き上げる施術です。そのためフェイスリフト効果も高く、他の施術よりもすっきりとした輪郭が手に入ります。また、他の方法では引き上げたことによって皮膚にたるみができてしまうことは防げませんが、頬・頚部リフトアップの施術ではたるんだ皮膚の切開も同時に行うので、非常に綺麗な仕上がりが期待できます。

  • デメリット

    注射するだけ、というような簡単なフェイスアップ施術よりも、頬・頚部リフトアップの施術は難易度が高く、熟練した技術が求められます。担当する医師の技量に仕上がりが大きく左右されてしまうため、美容外科選び、担当医選びに重点を置く必要があります。また、施術後1~2週間は腫れや違和感が残ってしまい、長いダウンタイムが必要になります。


おすすめ 肌の若返り効果も期待できます ウルトラVリフト

おすすめ 肌の若返り効果も期待できます ウルトラVリフト

美容整形の分野における先進国といわれ、国民の多くが美容整形を受けている韓国。ウルトラVリフトは、そんな韓国で誕生したフェイスアップ・リフトアップの施術です。体内で吸収されて自然に溶ける医療用の糸を皮膚に埋め込み、糸の力で皮膚や筋膜を引っ張りあげます。糸が周辺組織に刺激を与えることで細胞の再生を促進し、糸が吸収されてなくなるまでの間により若々しく美しい肌を獲得することができるのです。異物が体内に残ったまま、というようなことには絶対にならないので、安心・安全に受けられる美容整形といえます。

  • メリット

    ウルトラVリフトで用いるのは、体内で自然に吸収されて消えてしまう医療用の糸です。体内に異物を埋め込む、という施術には拒絶反応のリスクが伴いますが、ウルトラVリフトではその心配がありません。埋め込む際には極細の針を用い、メスで切開する必要がないため、身体に与える負担の少ない安全な美容整形といえます。

  • デメリット

    体内に埋め込んだ糸は、およそ1年から2年ほどで吸収され、完全になくなってしまいます。糸が吸収されてしまうと、リフトアップ効果は徐々に弱まってしまうため、リフトアップ効果を維持するためには継続的にウルトラVリフトを受け続ける必要があります。その都度に費用が発生するため、身体的な負担ではなく金銭的な負担がネックとなることもあるでしょう。

美容コラム

糸を用いるフェイスアップ・リフトアップ施術では、体内に埋め込んだ糸によってあえて周辺組織を破壊したり、ダメージを与える効果が望まれています。美容のためにあえて肌を痛めつける、ということになると、疑問を覚える方も多いでしょう。なぜ、わざわざ細胞にダメージを与えなければならないのでしょうか? それには、細胞の持つ「再生能力」が大きく関わっています。人間に限らず、およそすべての生き物の身体は小さな無数の細胞でできています。この細胞は、成長、死滅、そして再生のサイクルを繰り返しているのです。生まれた細胞が成長して必要な機能を発揮し、古くなった細胞が死ぬと、その細胞が再生して新しく生まれ変わりまた成長する。これが正しい細胞のサイクルなのです。細胞の生まれ変わりには、細胞の死滅、つまり細胞がダメージを受けることが必要なのです。つまり、糸を使って細胞にダメージを人工的に与えることによって、細胞の再生を促すというのが糸を使ったフェイスアップ・リフトアップ施術なのです。傷ついた細胞を再生させるために代謝活動が活発化したり、コラーゲンなどの生成物の分泌が促進されたりと、美容にとって大切な効果が発揮されます。