施術箇所別で見るフェイスアップ

首元におすすめの施術

おすすめ 首元のタルミやしわに効果的 ネックリフト

おすすめ 首元のタルミやしわに効果的 ネックリフト

首元は年齢が出やすい場所の1つです。顔のたるみやしわはメイクである程度カバーすることができますが、首のたるみやしわはメイクでも隠しづらいです。首元のリフトアップは、メイクでもカバーしづらい首や顎のたるみや縦しわを改善することができます。首元のリフトアップでは、耳の付け根から耳の後ろを切開して皮膚を持ち上げ、縫合します。よって、髪型でカバーしやすく目立ちにくいです。しかし、首のたるみは顔のたるみに比べて、改善が難しい場合もあります。よって、自然な仕上がりにするためには、クリニック・医師選びが大切です。また、カウンセリングできちんと希望を伝えるようにしましょう。

  • メリット

    切開をして、しっかりとリフトアップさせるため、効果が長く続きやすいです。また、施術を受ければすぐに効果が実感できます。近年は、切開をする部分が数センチと少ないので、痛みが少なく傷跡も目立ちにくくなっていますし、施術も数時間で終了します。当日帰宅も可能であるため、比較的すぐに日常生活を取り戻すことができます。

  • デメリット

    場合によっては、耳の前まで切開をする必要があるため、髪型でもカバーできない場合があります。また、切開をするため2日〜3日は圧迫固定をして生活をしなければいけない場合があります。数日から数週間は、首元のつっぱりなど違和感を覚えるかもしれません。首元だけをリフトアップすると、顔と首に差が出て不自然になってしまうこともあります。


おすすめ ダイオードレーザーと高周波(RF)で治療 マトリックスIR

おすすめ ダイオードレーザーと高周波(RF)で治療 マトリックスIR

マトリックスIRは、コラーゲンの活性に有効的な高周波のエネルギーを照射することで、たるみやしわを改善することができます。また、美肌効果の高いダイオードレーザーを同時に照射するため、肌にハリやツヤも与えてくれます。施術にかかる時間は、5分〜30分と短時間のです。痛みもほとんど感じませんし、施術直後からメイクをすることも可能です。ですから、仕事帰りや買い物ついでに施術を受けることも可能なのです。フェイスアップをしたいけど、切開をするのは怖いという人におすすめの施術です。また、ネックリフトに比べて、リスクや個人差が現れにくいため、気軽に施術が受けられます。

  • メリット

    痛みや腫れがほとんどないので、すぐにメイクをすることも可能ですし、当日からシャワーや洗顔ができます。仕上がりがナチュラルなので、周りの人にバレにくいです。さらに、ダイオードレーザーを同時に照射することで、たるみの改善だけでなく、美肌効果を得ることもできます。首元のたるみだけでなく、首元の肌も綺麗になれるのです。

  • デメリット

    ハッキリとした効果が現れるまでには、4週間に1度施術を受ける必要があります。マトリックスIRは、一般的なフェイスアップ・フェイスリフトの施術に比べ費用がリーズナブルですが、定期的に通うと、フェイスアップ・フェイスリフト施術よりも掛かる費用が高くなってしまうこともあります。また、高周波エネルギーを照射するため、シミが一時的に濃くなってしまったり、稀に色素沈着が発生することもあります。

美容コラム

首のしわやたるみは、老化が出やすい場所の1つです。しかし、年齢を重ねたからと言って必ずでるわけではありませんし、若い人でも出る可能性があります。そこで、首のしわができやすい原因についてご紹介します。まず、1つ目は「姿勢」です。姿勢が悪く、首がすくんでいると首のまわりの筋肉がたるんでしまいます。背筋はもちろん、首もピンと張るように心がけましょう。2つ目は「高い枕」です。高い枕を使用していると、首にしわができやすくなってしまします。また、その状態で長時間過ごしていると、しわが定着しやすくなるのです。3つ目は「紫外線」です。しみやしわ、たるみは外的刺激からもできるということを知っている人は多いですが、首のしわも同様です。紫外線の強い日は、日焼け止めを使用したり、ストールを巻くなど予防を心がけましょう。美容外科で、リフトアップの施術をうければ、すぐにたるみを解消することができます。しかし、フェイスアップ・フェイスリフトの施術を受けるには費用がかかってしまいます。ですから、フェイスアップ・フェイスリフトの施術を受ける前にセルフケアも行っておくことが大切です。首は、年齢が出やすい場所なので、きちんとケアをしておけば、いつまでも若さを保てるでしょう。